よくある質問Q&A

患者様からよくある質問にお答えしております。
このページにないような質問がございましたら、「無料メール相談」よりお気軽にお問い合わせ下さい。

ホワイトニングについてのよくある質問とその答え 一覧
2008年06月28日

ホワイトニングでどの程度白くなりますか?

ホワイトニングに関する質問

変色の原因・変色の程度・歯の質等により、個人差があります。
あくまで、その方の元の歯の色合いから徐々に白くなりますので、「ご希望される白さ」や「真っ白」というわけにはいかない方も少なくありませんが、「どの程度迄白くなるのか」又「どの程度白くするか」を、しっかりと確認をさせていただきながら、治療を進めていきます。

1本だけ歯が黒いのですが、ホワイトニングで対応できますか?

ホワイトニングに関する質問

まわりの歯は普通に白いのですが、1本だけや、2本だけ歯が暗い、黒いという場合があります。

この原因のほとんどは、少なくても数年前に、歯の神経をぬいて白いつめものをした場合です。歯科医が神経を抜く際に、歯の口に中に出ている部分の神経が残り、その神経のなかの血液が歯にしみこんで、それが、化学反応をおこして、黒くなるものです。

このような歯を漂白するのは、比較的に簡単で、白いつめものをはずし、そこに過ホウサンナトリウムとオキシドールを混ぜた液をつめ、蓋をしめます。一週間後にまた蓋をはずして、同じように薬を詰めます。これを2〜4回行い白くなればまた、白いつめものをします。

神経を抜いてから時間が経っていると白くなりにくくなります。またこの治療中は歯が折れやすくなりますので、硬いものを噛むのは控えるようにしていただきます。

ホワイトニングは安全ですか?

ホワイトニングに関する質問

ホワイトニング剤には、いろいろな種類があります。すべてのホワイトニング剤が同じ成分でできているわけではありませんが、主な成分は過酸化水素、または、過酸化尿素で、これらの安全性は確認されています。現在まで全世界で数え切れないほど多くの方が(特にアメリカなどの北米、そしてヨーロッパなどで) ホワイトニングを経験しました。その結果歯科医師により適切に使用されたホワイトニング剤では、問題になるようなことは、おこっていません。ホワイトニングをすると歯がもろくなると思っておられる方も時々おられますが、そういうこともありません。

ホワイトニングで白くなった歯は永久なのですか?

ホワイトニングに関する質問

ホワイトニング効果が永久に維持するのが望ましいのですが、残念ながらそうではありません。その方の歯の性質や生活習慣によって異なりますが、
オフィスホワイトニングの場合、一般的に、2週間程で2シェード位再着色し、その後は緩やかなペースで再着色していきます。

ホームホワイトニングの場合は、なだらかなペースでゆっくりゆっくり再着色していきます。一度手に入れた白さをなるべく長時間維持する為には、オフィスホワイトニングは3〜6ヶ月に1度、ホームホワイトニングは2〜3年に1 度のタッチアップ(追加のホワイトニング)をしていく必要があります。タッチアップを定期的に行うことにより、再着色しにくい歯になっていくという結果が報告されています。再着色する理由としては、食物などの日常生活における外因性着色、年月とともに色調が濃くなるという自然現象等があり、ゆっくりではありますが、術前の状態に戻っていく現象があります。

結婚式のためにオフィスホワイトニングを考えていますが、式の何日前くらいから始めればいいでしょうか?

ホワイトニングに関する質問

ホワイトニングも、オフィスホワイトニング1回で満足のいく白さになるかどうか、お口の中を拝見したうえで、実際にホワイトニングをしてみないとわかりません。
なるべく早く当院へいらしていただければ、挙式までの期間になんとかホワイトニングができるるように治療プランをたてたいと思います。

どんな歯でも誰でもホワイトニングできますか?

ホワイトニングに関する質問

ホワイトニングには適応症があり、また白く出来る限界もあります。あなた様の歯がホワイトニングに適しているのか、十分にカウンセリングを致します。もし、ホワイトニングに適していない場合でも、他の治療法もありますのでご相談させていただきます。
次のような場合は、ホワイトニングに向きません。

1.無カタラーゼ症
「無カタラーゼ症」の場合、薬剤に含まれる物質を分解する事が出来ません。
その為、もし薬剤を飲み込んでしまった場合に分解できずに、体内に蓄積されてしまいます。
普通の方は、分解する酵素を持っているので、あまり問題にはなりません。

2.エナメル質形成不全・象牙質形成不全
「エナメル質形成不全」「象牙質形成不全」とは、歯の成長過程でエナメル質・象牙質が十分に発達出来ていない状態の事です。このような場合、ホワイトニングを行うと、歯髄(神経が密集している所)に刺激を与える可能性もあります。

3.妊産婦
妊産婦に対して問題があるという文献があるわけでは無いのですが、問題が無いという文献もありません。
したがって安全性が確認されていない事から、適応外とさせていただいております。

4.ホワイトニング部位に、虫歯がある場合と、重度の歯周病がある場合
薬剤が「虫歯」や「歯周病」等の疾病部位に付着した場合、症状が悪化する場合もあります。
先ずは、治療が優先となります。

5.エナメル質に亀裂が入っている場合
歯牙破折の原因になります。
術中に痛みが起こる事があります。

6.重篤な変色歯
青みの強いダークグレーや、ダークブラウンの歯は、ホワイトニングに適しません。
継続することにより明度は上がりますが、白くなる事は期待出来ません。

7.セラミック・金属・プラスチック等の人工歯

人工の歯の変色の場合は、汚れをクリーニングで除去するか、作り変えるしかありません。
ホワイトニングは、あくまでも天然歯に対応しています。

ホワイトニングやクリーニングは保険はきかないのですか?

ホワイトニングに関する質問

現行の保険制度は病気の治療にしか適用されないことになっています。
ホワイトニングやクリーニングは病気の治療が目的ではなく、見た目(審美性)をより良くする為の処置ですので、残念ながら保険はききません。

ホワイトニングの適正な治療費はいくらですか?

ホワイトニングに関する質問

歯科医院によって、使用する薬剤、機器、施術方法や内容、カウンセリング時間、治療費に対する個々の考え方等が違う為、治療費はまちまちです。当初安いと思っていたら、自分の希望する色まで治療を続けると追加費用がかかり、結果、高くなってしまったという事も起こりかねませんので、当初の料金でどこまで見てもらえるのか、自分の希望する色まで大凡いくら位かかるのか等を、きちんとカウンセリングしてもらいましょう。
目安として、高い治療費には、レーザー等の高額機械使用による償却費が含まれていたり、都心での医院の高額家賃分が加算されていたり、本やTVで紹介され名前が知れている事での有名費のようなものが含まれている場合等が見受けられます。
逆に安すぎる所は、本来行うべき処置が書略されていたり、(例えば、オフィスとホームを組み合わせているが、照射を3回計約30分程行っていない等)、カウンセリングが殆ど行われなかったりというような事もあるようです。充実した内容で、且つ、安心できる価格で治療しているところを選ぶのは容易な事ではないと思います。
また、一概に料金が「高いから良い」「安いから悪い」といった先入観で歯科医院を選ぶ事は大変危険です。よくご自身で治療内容を調べ、ご検討下さい。

ホワイトニングって痛くないのですか?

ホワイトニングに関する質問

ホワイトニングは歯を削らない・麻酔をしない・痛みが無いというのがメリットですので、痛みはありません。
ただし、ホワイトニング開始前に虫歯の治療は済ませておく必要があります。また、ホワイトニングによって知覚過敏が発生する事があります。たいていの場合、一過性のものですので、すぐに治まりますが、痛みが続く・痛みがひどい等の場合は、医院で検査をしてもらったり、痛み止めを処方して貰うといいと思います。

歯の変色は何が原因でそうなるのですか?

ホワイトニングに関する質問

主に5つの要因が考えられます。

●外因性の着色
歯の着色で一番多いのは、タバコやコーヒー、紅茶などによる外因性の着色です。歯石や、歯垢などと絡まって歯に強く付着します。この着色を除去するのは比較的簡単で、歯石をとったり(ほとんどすべての歯科医院で対応可能)、歯の表面にクリーナーをふきつけることによってステインを除去することが可能です。
   
●加齢による着色
加齢により歯はだんだんと黄ばんできます。これは、残念ながら家庭でのお手入れで防ぐことはほとんど不可能です。しかしながら、加齢による着色の場合、ホワイトニングがいちばん反応しやすく、ホワイトニングの効果がてきめんにあらわれます。
   
●小さいころの抗生物質の服用による強度の着色
1960、70年代に生まれた方で小さい頃に病気になり、テトラサイクリン系の抗生物質を服用した現在の30歳〜40歳代の方に多くみられます。当時、内科医、小児科医のなかには、テトラサイクリン系がこのような副作用があることを知らない人もいたようで、または知っていても過小評価していた医師が多くいたためだとおもわれます。服用がわずかな期間でも着色するといわれています。着色の度合いも千差万別ですが、一般的には強度の変色で、ホワイトニング剤では対処不可能といわれています。この場合は、ラミネートベニアで治療されることが多いようです。私の個人的な意見では、強いホワイトニング剤を長期間使用すると、かなり改善します。

●神経をとったことによる着色
神経を取った歯が黒っぽくなることがよくあります。神経をとったとき、神経は血液で満たされていてその一部が歯に歯にしみこんで、時間が経つうちに化学反応をおこして黒くなります。
   
●生まれつきすこし黄ばんでいる
生まれつき歯が黄色みかかっている方がおられます。遺伝的な要素によるものです。ホワイトニングで対応が可能です。

短期間で、しかも効果の上がるホワイトニング法はないのですか?

ホワイトニングに関する質問

ホワイトニングには、医院で急速に行う「オフィスホワイトニング」と自宅でゆっくり行う「ホームホワイトニング」があります。
さらに、この2つを併用させる「デュアルホワイトニング」があります。
両ホワイトニングには、それぞれ異なる特徴があり、この2つを併用させる方法が一番高い効果を得られます。特に抗生物質の影響で変色した歯や、ホワイトスポットが出現する歯の場合は、特に併用する必要があります。まず、オフィスホワイトニングで急速に白くして、その後、ホームホワイトニングで徐々に白さを高めていきます。こうすることにより、短期間に理想的な白さを手に入れることが出来ます。
ただし、いくら最良の方法でも続かなくては何にもなりません。自分の性格や生活スタイルを考え、選ばれる事も大切です。3日坊主の方には、ホームホワイトニングは望めませんので「オフィスホワイトニング」をお勧めいたします。又、気長で且つ出無精の方には、メンテナンスの少ない「ホームホワイトニング」をお勧め致します。頑張がきき、高い効果を望まれる美に対する欲の強い方には、「ディユアルホワイトニング」をお勧めいたします。
どの方法を採用される場合でも、歯科医師にご相談され、決定されるほうがいいと思います。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングのメリットとデメリットはなんですか?

ホワイトニングに関する質問

種類
オフィスホワイトニング
ホームホワイトニング
施術方法 ●歯の表面にホワイトニング薬剤を塗り、光を照射して白くする方法。
●歯科医院内で行う。
それぞれの歯の形に合った専用トレイを作り、ご家庭でトレイの中にジェルを入れ、歯に装着する方法。
時間 ●時間は、45分~1時間程。
●光照射時間は、約30分。
●毎日30分~8時間程度
●「デイタイプ」と「ナイトタイプ」で長さは異なります。
特徴 ●濃度の高い薬剤を使用するので、短時間で白くなる。
●再着色が早い。
●濃度の薄い薬剤を使用するので、白くなるのに時間がかかる。
●薬剤が深く浸透する為、白さが長期間保持できる。
メリット ●即効性があり、1度の施術でかなりの白さを得られる。
●全ての工程を専門のプロ(歯科医師・歯科衛生士)が施術してくれる。
●2~3年白さが持続する。
●奥歯を含む、全歯を白くする事が出来る
●白くなりにくい性質の歯でも、白くなる可能性がある。
●家庭で手軽にできる。
デメリット ●再着色が早い。
(最初の2週間程で2シェード程戻り、その後はあまり変化がない。)
●白さを維持する為に、3~6ヶ月に1度、アフターフォローを受ける必要がある。
●効果が現れるのに最低2週間以上、時間がかかる。
●トレー装着に違和感がある場合もある。
●毎日続ける必要があるので、根気がいる。

ホワイトニングって欠点はないのですか?

ホワイトニングに関する質問

ホワイトニングによって、知覚過敏が発生する事があります。ただし、これは一過性のものですので、ホワイトニングを一時中断すると症状は治まります。もし、痛みが治まらず続くようであれば、薬やジェルを塗布するなどの方法がありますので、医院にご相談下さい。またアメリカの最新式のものであれば、知覚過敏抑制剤が入っているものもあります。日本では未認可ですが、直接輸入して使用している歯科医院もありますので、ご確認下さい。

もう1つの欠点が、再着色です。程度の違いはありますが、必ず再着色は起きてしまいます。白さを維持する方法としては、
●ホワイトニングメンテナンス用の歯磨剤を使って歯磨きをする。
●着色性の強いもの(コーヒー・ワインなど)は出来るだけ避ける。
●加齢により色調が濃くなったり、遺伝的な本来の歯の色に戻ろうとする等の原因もあるので、半年に1度程度の割合で、再着色防止の為のホワイトニングを行う。これを、オフィスホワイトニングで1〜2回程度、ホームホワイトニングで1週間程度行えば、白さはより長く維持できます。

妊娠を望んでいるのですが、ホワイトニングは、胎児に影響がありますか?

ホワイトニングに関する質問

正直なことを申しますと、厳密には分かりません。過酸化水素が体内に取り込まれ分解されていくのか、あるいは、歯にだけ作用して分解するのか、よく分かりません。
あくまで私見ですが、どちらにしても問題はないものと思います。
でも、世の中のほとんどの薬剤は、妊娠中に使用することは禁忌になっています。それは、人体実験を行う事が出来ないからです。ホワイトニングを希望されるのであれば、ホワイトニングを行う3週間+2ヶ月間は、妊娠を回避されるほうがよろしいかと思います。

生まれつき歯が黄色く悩んでいます。どのような方法があるのでしょうか?

ホワイトニングに関する質問

生まれつき歯が黄色い方は「ホワイトニング」を行うのが一番良いと思います。程度により、方法や期間が異なります。また、何本治療するのか、どこまで白くしたいのかなどで、治療費にかなりの幅が生しますので、歯を拝見してみなければ幾らかかかるかははっきり言えません。
ものすごく変色している場合には、ホワイトニングとラミネートベニアを併用した治療になります。
ラミネートは、以前に比べると性能は良くなりましたがそれでも、欠ける事が無いとは言えません。
ホワイトニングは、オフィスか、ホームか、ディユアルかによって、また回数によって、長持ちする期間が変わってきます。
そして、各医院によって、ホワイトニング剤のメーカーや方法も異なります。
当院では、アメリカから輸入した最新のシステムと薬剤を使用しています(アメリカは日本よりも、審美の認可が進んでいます)。詳細は、当院ホームページの[ホワイトニング]のページと、「ラミネートベニア」のページをご覧ください。

奥歯に虫歯があります。虫歯を避けてホワイトニングをすることはできるのでしょうか?

ホワイトニングに関する質問

オフィスホワイトニングなら可能です。
ホームホワイトニングは虫歯を治してからではないとできません。
ただし、虫歯が治ってからホームホワイトニングを行うという前提で、その日にトレーのかたどりを行い、説明をさせていただき、お薬をお渡しする事は可能です。

一度ホワイトニングをやったくらいでは変化はないのでしょうか?あと、虫歯治療にした詰め物も白くなりますか?

ホワイトニングに関する質問

オフィスホワイトニングは3回行うとほとんどの方が満足いく白さになります。
1回だけでは白さの安定性(再着色)があまり良くありません。
残念ながら、詰め物はホワイトニングをしても白くなりません。

現在、矯正中なので装置をつけているのですがそのような場合でもホワイトニングは可能ですか?

ホワイトニングに関する質問

残念ながら、矯正中はホワイトニングはできません。
矯正装置がついている歯は、ホワイトニングされませんし、凍みやすいといった症状が出やすいということが理由になります。

ホームホワイトニングをやってみたいと思うのですが、定期的なアフターケアについて詳しく教えてください。

ホワイトニングに関する質問

●オフィスホワイトニングは一度に白くなりますが、再着色も早いので、4〜6ヶ月のタッチアップが必要です。ただし、タッチアップを繰り返す事で再着色しづらくなりますので、間隔を伸ばすことが可能です。

●ホームホワイトニングはきちっと1ヶ月行えば、ホワイトニング効果は1〜2年維持できます。再着色してきたら、2週間ほど再度ホームホワイトニングを行えばOKです。

●一番効果的なのは、「デュアルホワイトニング(オフィス&ホーム)」です。白さが一番出せますし、非常に長持ちします。
デュアルホワイトニングは、まずオフィスホワイトニングでいっきに白くし、その後じっくりとホームホワイトニングを行います。
ダイエットも同じですが、なかなか痩せないと、はじめた時点で嫌になり、続かずに止めてしまったりします。それと同じで、まず、オフィスホワイトニングでいっきに白くする事でモチベーションを保ち、その後2〜4週間の期間を楽な気持ちでホームホワイトニング行う事ができます。

ホワイトニングを考えていますが、お支払いは現金のみでしょうか?

ホワイトニングに関する質問

ご安心下さい。クレジットカードもご利用いただけます。
ご利用いただけるクレジットカードは、以下の通りとなっております。
 
利用できるクレジットカード

いきなりホワイトニングを申し込むのは少し抵抗があります。クリニックに一度行って、直接先生と相談する事は可能でしょうか?

ホワイトニングに関する質問

もちろん可能です。当院でホワイトニングついてご説明させていただき、ご納得されてから治療を決定されてください。

16歳の娘が年齢のわりにとても歯が黄色く、悩んでるようです。オフィスホワイトニングは可能ですか?

ホワイトニングに関する質問

16歳の娘さんでもオフィスホワイトニングは可能です。
一般的にホワイトニングは18歳以上とされていますが、歯が黄色く悩んでいる事が精神の発達上、悪影響を及ぼす程に深刻という事でしたら、やり方をアレンジしてホワイトニングを行えばいいと思います。そうでもないのならば、18歳までお待ちになられてもよいのではないかと思います。
実際に16歳位で行ったケース(他医院も含めて)で問題が起こったという報告は、まだ聞いておりません。

このページの先頭に戻る


はしもと歯科院長ブログ

福山市・尾道市高須町・尾道市三成・尾道市高西町・尾道市南松永町・尾道市今津町・尾道市栗原町・尾道市吉和町・尾道市山波町・尾道市久保町・尾道市御調町・尾道市日比崎町・尾道市向東町・尾道市向島町・尾道市平原・尾道市久山田町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。

写真:はしもと歯科外観



[Link] ハワイアンジュエリー 調査 フコイダン デジカメプリント フォトブック ウェディングプランナー 古着買取 酒 通販