審美歯科治療の種類・インレー・アンレー(詰めもの)

インレー・アンレー(詰めもの)

セラミックインレー・セラミックアンレーインレー、アンレーは虫歯があまり大きくなく、部分的な詰め物の場合、以前の治療で使っていた詰め物が劣化してきた場合に使います。
健康な歯が多く残っていないとインレー、アンレーは使えません。
材質はクラウンと同様にセラミックやハイブリッドセラミックを選ぶことができます。
インレーは削ってできた凹部分にはめ込んで、アンレーは歯の外側を残して削り取った凸部分にかぶせて使用します。
もともとの歯の色や白さ、透明感も非常に似ているので、どこを治療したのかわからない仕上がりでご満足いただいています。
とくにお口を開けた時に見える部分で使用される方が多いです。

セラミックインレー・セラミックアンレーによる治療法のメリットは
・自分の歯に近い色と白さを選ぶことができるので自然に見える
・お口元の目立つ部分で長期間使っても、変色や劣化しにくい
・虫歯の再発リスクを下げられる。
・金属アレルギーの心配がなく安心

デメリットとしては自費治療なので、保険治療と比べて治療費が高いことが挙げられます。

セラミックとハイブリッドとの違いについて

はしもと歯科ではインレーもアンレーも、「セラミック」「ハイブリッドセラミック」の材質を選ぶことができます。

種類
セラミック
ハイブリッドセラミック
材質 セラミック(陶器)のみ レジン(プラスチック)とセラミック(陶器)を混ぜ合わせたもの
メリット ●天然歯と区別がつきにくいほど透明感がある
●陶器なので水分を吸収せず、年数が経っても変色しない
●金属アレルギーの心配がない
●自然な色が表現できる
●まわりの歯を痛めにくい硬度
●金属アレルギーの心配がない
●セラミックより安価
デメリット ●金属より強度が低く、割れることがある
●自費治療になるため費用が高い
●セラミックより強度が劣る
●唾液を吸収するため、時間とともに色が変わり、劣化が早い
●自然さはセラミックに劣る

このページの先頭に戻る


はしもと歯科院長ブログ

福山市・尾道市高須町・尾道市三成・尾道市高西町・尾道市南松永町・尾道市今津町・尾道市栗原町・尾道市吉和町・尾道市山波町・尾道市久保町・尾道市御調町・尾道市日比崎町・尾道市向東町・尾道市向島町・尾道市平原・尾道市久山田町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。

写真:はしもと歯科外観